よまい言

覗いて頂き、ありがとうございます。

景勝地・宇治の名残

f:id:kazumi226:20170107230733j:plain 12/26‐12‐30にかけて、 けいおん!聖地の豊郷やユーフォ聖地の宇治に行って来ました。初の宿泊一人旅でした!

銀閣寺とか金閣寺けいおん!修学旅行で出てきた観光地にも足を運び、彼女達がみた景色を堪能してきました。聖地巡礼ってのは深い悦がありますね。

好きな作家の一人である沢木耕太郎さんの『旅の窓‐不意の絶景‐』から言葉を借りさせてもらうと、 景勝地や名勝地などの特有の美しさを持つ場所が世界には無数に存在する。しかし、そうした場所に訪れてみると、心のどこかで美しいところであるはずだと思い込んでいることもあるのだろうか、あまり驚かなかったりする。ところが、そうしたことを全く意識してない場所で、不意打ちのように眼前に広がった風景に、他では味わうことのできなかったような感動を覚えることがある。

京都の景勝地・宇治と言えば、藤原道長の別業が息子頼通により寺院へと改められた平等院や、宇治川に架かる宇治橋や橘橋が有名です。源氏物語の聖地でもありますね。

そんな美しい景観を持つ土地に、多くの貴族達が別荘を建てていました。天下を手中に収めた男、道長が愛した宇治は、綺麗なところでした。

京阪・黄檗駅から宇治駅へ。 駅を出ると宇治橋が! f:id:kazumi226:20170108141500j:plain 高揚感が込み上げてきて、自然と足早になりました。右手には平等院、左手には宇治上神社宇治橋を渡りたかった僕は右手に進み、宇治橋の上を歩いていきました。久美子と同じところを歩いているという実感が、心を沸き上がらせます。 f:id:kazumi226:20170108141637j:plain

平等院表参道に着くと、抹茶や宇治茶の店がたくさん…入ってみたいけど生憎一人なのでご愛敬。さあやって来ました平等院(ほんと外人多いなぁ)。 ぐるっと外周を一周して出口。 f:id:kazumi226:20170108141749j:plain

帰りに宇治煎茶と宇治抹茶を購入。(6000円分)

もう一度、橋を渡り宇治上神社の方へ。 f:id:kazumi226:20170108142004j:plain

参拝終了。そしてお待ちかねの大吉山へと…!

アニメでも久美子達が歩いた峠道を、自分の足で歩いていくのは感慨深かったです。冬なので、7月や10月などのように緑が豊かではありません。紅葉も枯れ落ち葉となり、湿った土を踏みしめて。

けれど、自分以外に誰一人と人気がないというのは爽快で、白ワンピースにハイヒールの麗奈が時々ユーフォを抱えて上った苦労が、また登頂後の達成感を身をもって味わうことができました。 f:id:kazumi226:20170108142817j:plain 存在証明として自撮りもしてみたり…

その後は橘橋を渡り表参道の方へ。そのままJR宇治駅に行き、サンドイッチを購入しました!待合室で空腹を満たす…。 f:id:kazumi226:20170108143111j:plain

そして奈良行きの電車に乗り、旅路は続くのです

ブログ開設

ブログを始める前は、あれやこれやと書いてみたいことがたくさんあったのですが、いざ筆を握ると…初対面の女性に緊張してしまう、うぶなチェリーボーイのように大人しくなってしまうのです。

胸のなかで馳せる思い。底知れぬ感傷に身を委ねた黄昏時。すっかりぬるま湯と化した風呂に長々と浸かる静寂の空間。素敵な紀行手記に高揚を覚えた列車の中。

ーそれは唐突にやってくる。

あるキッカケ達が、僕の蓋をこじ開けて、陰鬱に満ちた心が染色されていく。そんなことをこれまで幾度も体験してきました。

「お前は中二病(笑)」「思春期のさが」 「アホか」 側にいた人達には、理解してもらえないこの感情。抱えているのは僕だけなのか?終いには、僕はやや異常あるいは特別なのだと思うようになりました。

しかし、成長の過程で読書やアニメを観賞するようになりました。友達の幅も広がり、やや込み入った話をする相手が一人出来ました。文章に起こして、ブログに書けば、僕の独り言にも共感してくれる人が幾ばくかいるのでは?と気付きました。新潮文庫の夏の100撰の帯に、『この感情はなんだろう?』と書いてました。感傷、郷愁、高揚、焦燥、落胆、哲学。本を読み、ブログを読み、アニメを見て、映画を見て、友と話し、一人旅をし、遊び、授業で習い、親と話し…自己を見つめ直して。言葉に現し要のなかった”感情の存在”が段々と姿を表していくのです!この世界に、大いなる魅力を感じた瞬間です。そうしてまた、言葉に表せない特別な感情が、胸の中を晴れやかにさせてくれました。

脱線したけど、読書をするようになってからは、心の源泉が堀当てられたかのようにドブドブと感情が湧いてくる。現に今も。

スマホのメモ帳や、授業ノートの隅などに、唐突に涌き出た感情が点在しています。 誰にも見られないより、誰かに共感してもらえる可能性があるなら…と思いブログを開設しました。

12/31時点で、書いていこうと思っている主なテーマはこちらになります。 《涌き出た感情について書いていく》 《一人旅の手記》 《読書の考察及び感想》 《アニメの考察及び感想》 《映画の考察及び感想》 《受験勉強の愚痴…》

と、《感想》が多くなってしまいました(笑)。

最後に、長々と読みにくい文章を読んでいただいて、本当にありがとうございます。

どうかここまで読んで頂いたあなたに、図々しい限りですがコメントをしていただきたいのです!

「言葉の間違いの指摘」とか「ブログ体型のアドバイス」とか「否定、共感意見」とか「感想」とか何でもいいので残していただければ最高の喜びです!

稚拙な文章だな!とか言われてみたかったり…(笑)

では今日はこれで筆を置かせて頂きます。 和己